がもう心配する必要がないように、記録を整理しています。



英語コースは、多くの学習者にとって悪夢のようなものです。

最近、二倍削減の政策が非常にホットで、文部省は多くの要求を実行しているが、重要なのは生徒のプレッシャーを軽減し、道徳教育を推進することである。

最近、GCSEの試験から英語を削除するよう求める声に教育英語遊戲 省が応え、保護者たちの心を和ませている。

英語はGCSE試験において常に影響力のある科目であり、学習者が幼い頃から知っておく必要がある特定の科目です。

英語は世界で最もよく使われている言語であり、国際社会でよりよくコミュニケーションするために英語を学ぶことは不可欠であると考える人もいます。

しかし、ほとんどの人は将来仕事で英語を使う機会がなく、外国人と接することもほとんどないため、小学校から英語を学ぶ必要はないと考える人も少なくない。

だから、小さい頃から英語の学習に時間をかけても、実際には意味がないんです。 仕事で英語を使わなければならないのであれば、いつでもどこでも学習を始めるのに遅すぎるということはないでしょう。

多くの保護者や学習者が、英語をGCSEから除外し、英語を必要としない中等教育まで遅らせるよう求めています。

GCEの試験で英語を話す割合を徐々に減らしている省・地域も確かにあり、例えば黒龍江省では、前年の試験で英語を150点から100点に減点している。

文部科学省も先日、「大学入試から英語をなくせ」という声に応え、英語カリキュラムの改革・革新が急務であることを強調した。

しかし、改革・革新は画一的なものではなく、英語カリキュラムは教材の内容からテストまで調整する必要があるため、全体のプロセスとして行わなければならないのです。

国際的な主要言語である英語は、当面の間、GCSE 試験に大きな影響を与え続けるが、GCSE 試験における英語の配点比率は、変更に伴い徐々に調整される予定である。

この回答を聞いた保護者は、ようやく一石を投じ、教育と学習の改革と革新を続けることで、英語がGCE試験からすぐに削除されることはなく、生徒のプレッシャーになることはないと確信することでしょう。

90歳の教授は、異なる見解を持っている

もともと英語学習には時間がかかり、放課後はほとんどの生徒が英語の授業に参加する必要がありますが、それでも英語の成績はなかなか上がりません。

また、テストでは英語が国語や数学に大きく関わってくること、将来、大学院受験や博士号を取るには、英語で4級や6級を取得しなければならないことなど、保護者の不安は大きいようです。

英語は保護者や学習者にとって困難なものであり、英語をGCSEの試験から外すべきだという声に対して、多くの権威ある専門家がその意見を明らかにしています。

北京師範大学の90歳の教授である顧明源氏は、少し前に専門的に自身の見解を発表し、老教授の言葉は多くの人々に考えさせることになった。

90歳の専門家である顧教授は、学生に英語を学ばせることは、純粋に外国語を把握することではなく、科学技術の発展とその中国国家の将来にとってより重要な問題であるため、英語を教科として廃止することには賛成できないと強調した。

英語の学習方法をよく理解していないために、英語の学習が難しいということはよくあることで、学習がうまくいかないからといって、英語の廃止を求めるのは非現実的な話である。

英語は世界で最もよく使われている言語の一つであり、新しい技術の開発に長期的な関心を持つためには、何が一般的で何ができるかを学ぶことが不可欠である。

もし、ある国が長期的な発展傾向を持ち、ハイテクをより速く発展させたいのであれば、他国から学び、その欠点を補うことが必要である。

私自身は、英語のレベルは、どの程度かというと、卒業試験には、英語は4級か6級の試験に基づいていなければならないので、将来の授業や学生の就職にも影響するのです。

また、就職活動の場合、特に英語が一定の専門スキルでもある上位職の場合、英語の知識を求める企業も多い。

現在の世界の取引方法は常に変化しており、ビジネスであれ、起業家であれ、企業の従業員であれ、英語が理解できなければ、何らかの危険にさらされることになる。

GCSEから英語がなくなると、どのようなリスクがあるのでしょうか?

もしGCSEから英語がなくなれば、世界とコミュニケーションをとる機会を失うことになります。

現在、世界にはイギリスやアメリカなど、英語を中国語として使っている国がたくさんあります。 また、英語をネットワークの公用語としている国は数十カ国あり、世界人口の30%近くがコミュニケーションに英語を使用し、テレビ番組の70%以上が英語を使っているそうです。

ですから、GCSEから英語がなくなると、英語がわからない人はみんな世界とコミュニケーションをとる機会を失い、留学にも苦労することになります。

GCSEから英語が削除されたことは、英語学習者にとって意味がない

英語学習が苦手な学生も多い中、小さい頃から楽しんでいる学生も少なからずいて、建設現場を利用して学習・訓練している。

 

関連記事:

はじめての英語:お子様と一緒に英語を学ぶ前に、必ずお読みください。

1日20分、答えに隠された英語を学ぶ、50以上の激しいプルから108までの子供向け英語

主教科である英語の影響を取り除く」ことで、英語に押しつぶされた若者を解放できるのか?