京都の民宿「玉の光」-原料100%だけで醸す清酒

 

京都の山間部の盆地は、豊かで多様な表流水資源網を有しており、その中で最も水量の多い桂川と鴨川は、京都市内を回り、最後に京都南部の城南地区と伏見地区の合流地点で堰き止められます。

ここの水は軟水でコクがあり、湧き出る伏流日本清酒水は飲むこともでき、御飯御殿の御香水がさらに有名な日本有数の伏見なめ水である。

江戸時代には、内陸航路の整備により酒造業が盛んになり、酒蔵も増え続け、日本三大白酒のひとつに数えられるようになった。

伏見の街道沿いには、100年以上の歴史を持つ酒蔵や、酒を間近で体験できる人気のスナックストリート「伏見さくら道」が数多く存在します。

また、伏見区東境町545-2には、1673年に創業した玉野皓が、業界に先駆けて平成39年から純米酒を徐々に醸造し、現在13代目に受け継いでいる非常に安定した酒造があります。

日本の文化・芸術である日本酒には受け継がれるべき良さがあり、玉野は常に酒造りの完成度を追求してきた。

1859年、岡山県で現在でも最高級の酒米である備前雄町を発見し、有名な山田錦は雄町米の孫にあたる。

雄町は山田錦に比べると淡白な風味だが、風味のパフォーマンスが即効性があり、味の難しい酒質の醸造を可能にし、日本で唯一ブレンドされていない酒米と見られている。

"いい米はいい酒をつくる"。 酒造りには、原料である酒米の選定が欠かせない。酒米は、芯が完全に透明な心白で、中心部は水分を吸収しやすく、粒が非常に大きく、柔らかくて粘りのあるものである。

伏見の水、厳選された米、そしてバーテンダーの手法、これらすべてが美酒を生み出すために必要なのです。 玉乃光では、秋に新米を受け取ってから、最後の花を咲かせるまで、休みなく働き続ける。

タマノヒカリ 純米大吟醸酒 ←今ココ

酒造好適米の最高峰「備前雄町」を50%から50%の掛け米麹米を使用。 玉乃光「備前雄町米」は、1957年の発売以来、純米大吟醸の代名詞となり、その独特の香りが高く評価されている。

特別名称:純米大吟醸

アルコール度数:16度

精製米:50

日本のアルコール度数:+3

原材料:備前雄町米

提供温度:Cold 15°C

フードペアリング:様々な料理との相性

玉乃光酒造を象徴する純米大吟醸で、備前雄町の特徴である安定した吟醸香はもちろん、柔らかなフルーティな味わいが特徴です。

180ML

なお、この「玉乃光 純米大吟醸」は、発売以来、若者や女性に人気の高い180ML←サイズの小瓶も用意されている。

関連記事:

さあ! このチューハイを作って、日本の水炊きに関する短い物語を語らせる。

千年の夢-水上ワインの過去と現在|One Moment to Share

日本酒の敵、日本酒をヒットさせる